自己破産について無料相談できる窓口

 

自己破産の相談を無料でできるおすすめの窓口をご紹介します。
自己破産するのかしないのか、任意整理でもなんとかなるのか、自己破産するとしたらどうやればいいのかなど、借金問題に悩んでいる方はひとりで悩んでいても解決できません。
まずは専門家に相談してアドバイスを受ける事がおすすめです。
まずは無料で相談をしてみて、どうするのか決まったらそれに向けて弁護士へ依頼をするのか、それとも自分でなんとかするのかを決断しましょう。

 

弁護士法人サルート

 

■365日24時間無料相談可能
■全国対応
■初期費用0円
■家族にも内緒で相談可能

 

※以下のような内容は受付できません。
・個人相手の借金
・税金や国保滞納
・差し押さえ解除について
・他の事務所や法テラスに依頼済の案件
・本人以外の相談

 

公式リンクボタン

 

弁護士法人サンク総合法律事務所

 

■365日24時間無料相談可能
■全国対応
■初期費用0円
■費用分割可能

 

※以下のような内容は受付できません。
・個人相手の借金
・税金や国保滞納
・差し押さえ解除について
・他の事務所や法テラスに依頼済の案件
・本人以外の相談

 

公式リンクボタン

 

アヴァンス法務事務所

 

■減額報酬・初期費用0円
■相談無料
■全国対応
■年中無休

 

公式リンクボタン

 

自己破産とは

自己破産は、抱えてしまった借金を返済することが困難となった場合に利用する制度です。
自己破産をすると借金は免除されますので、返済に追われる日々から解放されます。

 

自己破産するには

自己破産をするにはいくつかの条件があります。
誰でも好き勝手自己破産できるという訳ではありません。
自己破産をするにはまず第一に、返済をすることができない状態に陥ってしまっている事が必要です。
返済するだけのお金を持っているのに自己破産をすることはできません。
次に、抱えている借金の原因にも制限があります。
自己破産できないのは、ギャンブルや投資による借金です。
これができてしまうと、借金をしてギャンブルをしたり投資をして失敗したら自己破産、という方が増えてしまうからですね。
あとは、過去に自己破産をしている場合は7年以上経過していなければなりません。
他にも細かい条件はありますが、大まかにはこのような内容となっています。

 

自己破産を相談するメリット

自己破産をするとどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず一番大きいのは借金から解放されるという点です。
毎月毎月借金に悩まされていたり、督促に悩まされていた生活を抜け出す事ができます。
自己破産を弁護士に依頼すると、そこからは本人には直接督促の連絡が来なくなりますので、取立てを止められるというメリットもあります。

 

自己破産を相談するデメリット

自己破産はメリットばかりではありません。
借金を免除される代わりに我慢しなくてはならないこともあります。
たとえば、財産は生活していけるだけの最低限のものを残して、それ以外は債権者に分配する為、持って行かれてしまいます。
また、自己破産をしたことは信用情報機関に記録されるので、自己破産をしてから7年程度は借金をしたりローンを組んだり、クレジットカードを作ることはできなくなります。
この他、一部の職業には就けなくなる場合があります。
ただし、これは免責許可決定までの機関となるので、それを越えればこの制限はなくなります。
あと、普通の方はあまり目にしないですが官報というものに氏名などが記載されます。

 

自己破産は弁護士と司法書士どちらに依頼するべき?

自己破産をする場合、弁護士か司法書士へ相談することができます。
では、弁護士と司法書士では何が違うのでしょうか。

 

弁護士の場合

弁護士は法律の専門家です。
自己破産の手続きはもちろん、債権者との交渉や裁判所とも間に入ってくれますので、安心してお任せすることができます。
司法書士に依頼した場合に比べて費用がやや高くなるという点はありますが、自己破産するのなら弁護士に相談するのがベストと言って間違いないでしょう。

 

司法書士の場合

司法書士事務所でも自己破産の依頼をする事は可能です。
弁護士事務所へ依頼するのと比べて費用が安いのがメリットとなります。
しかし、司法書士では全てを行ってくれる訳ではありません。
裁判所への申し立ては自分で行う必要がありますし、借金の金額が大きい場合には司法書士では対処できないこともあります。
ある程度自己破産について知識がある方なら良いかもしれませんが、そうではない方は弁護士へ相談した方がおすすめと言えます。

 

自己破産したあとはどうなるの?

自己破産すると、借金は免除されるもののいくつか生活の中で制限されるものが出てきます。
しかし、これは免責許可決定が出るまでの間だけで、許可が下りてしまえば制限はなくなります。
また、自己破産した際に必要以上の財産は処分されてしまいますが、生活に必要なものは残してもらうことができます。
車や家を持っている場合は処分される場合がありますが、賃貸マンションで暮らしている方はそのままその家で生活することができます。
また、気になるのは自己破産したことが周囲に知られるかも?というところだと思いますが、自己破産者の情報が記載される官報は普通の方はあまりみないですし、情報量も多いのでそこから知られるということはあまり考えられません。

 

自己破産以外の債務整理とは

借金問題を解決する方法には自己破産以外にもいくつかあります。
これらをまとめて債務整理といいます。
では、自己破産以外にはどのような方法があるでしょうか。

 

過払い金請求

消費者金融などから借金をして長期で返済をしていた場合に、余分に支払ってしまった利息が発生している場合があります。
これを弁護士に依頼すると計算し直してもらえて、取り戻すことができます。
取り戻したお金は借金の返済に充てることができるので、借金を大幅に減額できる場合があります。

 

任意整理

任意整理は借金を免除するものではありません。
しかし、将来的に返済するお金にかかる利息を免除してもらうことができます。
ただし、任意整理を行うには返済できるだけの収入があることが条件となります。

 

個人再生

個人再生は借金を最大で5分の1にまで減額して、それを分割で返済する方法です。
こちらも任意整理同様に返済できる収入があることが条件となります。

 

まとめ
自己破産をするにしても、それ以外の債務整理をするにしてもどれが適切なのかは専門家のアドバイスを受けるのがおすすめです。
ですから、借金で悩んでるのならまずは専門家に相談してみましょう。
当サイトでご紹介している弁護士事務所は初回無料で相談することができます。
相談したことが誰かに知られるということもありませんので、まずは無料相談を検討してみてください。